ホーム レポート集 トップ 整備業界HP分析のレポート集 2014年度版 デキテルのデザイン&カラー 使用店舗数ランキング

業界関連HPを勝手に分析1-7

2014年度版 デキテルのデザイン&カラー 使用店舗数ランキング

デキテルが2010年12月にサービスをスタートしてから4年、
当初15種類だったデザインテンプレートも2014年11月に追加した分で
全40種類にまで増えました。


スタートから4年でデザインも40種類、とキリが良いので、
今回は現在デキテルをご利用いただいている店舗さまが実際に使用している
デザインとメインカラーでそれぞれランキングを作成しました。

整備工場が好むデザインとカラーの傾向として、何かの参考にしていただければ幸いです。

最も使用されているデザインは「WOOD(木目調)」

まずはデキテルをご利用いただいている
全ての店舗さまの中で、現在使用されているデザインテンプレートTOP5の
ランキングを作成いたしました。


第1位「wood」

画像

第2位「worktools」

画像

第3位「leaf」

画像

第4位「sky」

画像

第5位「hexagon」

画像

第6位「forest」

画像

第7位「eco2」

画像

第8位「wheel」

画像

第9位「newbasic」

画像

第10位「light」

画像


言葉にすると、「エコ」「クラフト感」「爽やか」といった
イメージを持つデザインがランキング上位に多かった印象です。

「エコ」「爽やかと」少し対照的な「クラフト感」を持つworktoolsが
2位につけているのも面白いな、と思います。



個人的には、1位と2位を見て

エコ系 → 入りやすさや安心感などを演出したい
クラフト系 → 専門的な印象や技術力などを演出したい

という用途の違いが結果に反映しているのかな、と感じました。


画像



ちなみに、ランキング6位の「forest」はデキテルがスタートした4年前から
ず~っと人気があるロングランヒットデザインです。

最も使用されているメインカラーは「青(濃いめ)」

弊社のデキテルでは、現在40種類あるデザインテンプレート全てに
12色のカラーバリエーションを用意しています。 (作るの大変。。。)

その中から、最も選択されているカラーのランキングTOP5を作成して
整備工場が好きな色についての傾向を調べてみました。


第1位「青(濃いめ)」

第2位「赤」

第3位「青(薄め)」 「緑(薄め)」

第4位「オレンジ」

第5位「緑(濃いめ)」



以前書いた、検索結果で上位に表示される整備工場のデザインの特徴についての記事で
赤・黄・オレンジ・青・緑が多かった、という調査結果がありましたが、なんとデキテルをご利用している店舗さまでも、ほぼ同様の傾向が見られました。


おそらく整備業界自体が
赤・黄・オレンジ・青・緑というカラーを好む傾向があるのではないでしょうか。

アクセス数の多い店舗が使用しているデザイン&カラーは・・・

ここからは少し逆説的なお話になっていまいますが、
デザインやカラーによってホームページの集客効果=アクセス数は
増えたり減ったりするのでしょうか。


結論からいうと、

ホームページの集客効果にデザイン&カラーはあまり影響しない

というのが弊社の考えです。


以下で、デキテルでアクセス数の多い店舗さまが使用している
デザインとカラーをいくつかご紹介してみようと思います。


マス星自動車さま

画像

HPの月間アクセス数 約9,000 PV
使用中のデザイン 「stripe」 上記ランキング圏外
使用中のカラー  「ピンク」 上記ランキング圏外


横須賀鈑金さま

画像

HPの月間アクセス数 約6,000 PV
使用中のデザイン 「purple」 上記ランキング圏外
使用中のカラー  「青(濃いめ)」 上位ランキング1位


田中自動車さま

画像

HPの月間アクセス数 約3,700 PV
使用中のデザイン 「leaf」 上記ランキング3位
使用中のカラー  「緑(薄め)」 上位ランキング3位


ラルグ水戸さま

画像

HPの月間アクセス数 約3,500 PV
使用中のデザイン 「neon」 上記ランキング圏外
使用中のカラー  「黄色」 上位ランキング圏外


ボディショップ栄一さま

画像

HPの月間アクセス数 約3,000 PV
使用中のデザイン 「photo」 上記ランキング圏外
使用中のカラー  「青(濃いめ)」 上位ランキング1位



上記のように、業界内でよく使われているデザインやカラーを使用していなくても
他社より高い効果を出している店舗さまがおられます。


ファッション・美容業界とは違い
整備工場のホームページに訪れるユーザーが求めているのは
サイトのデザイン性ではなく、よりメリットの高いサービスや情報です。


サイトの見た目(外枠)にこだわるのではなく
掲載するコンテンツ(内容)をどれだけ充実させられるかで
ホームページの効果は決まる、と弊社では考えております。



具体的な方法については
整備工場がSEO効果の高い「良いコンテンツ」を量産する方法の記事で紹介していますので
ぜひこちらも参考にしていただければ幸いです。

メニューを専門特化した整備工場サイト5選 image
このエントリーをはてなブックマークに追加

シナジーデザインからこのページについて

レポート集

整備工場はHPを作るべきか?のレポート集

車屋さんのHP集客ノウハウレポート集

「HP集客ノウハウ」その他の記事

続きを読む

車屋さんのための検索エンジン対策レポート集

整備業界関連HPのレポート集

全国の自動車整振興会HPの特集

続きを読む

無料トライアルへ