ホーム レポート集 トップ HP集客ノウハウのレポート集 見込み客があなたの整備工場に入庫しない理由と解決方法

HP集客ノウハウのその他5-14

見込み客があなたのお店に入庫しない理由と解決方法

ホームページから問合せをしてくれた見込み客が
なぜ入庫してくれないのか、理由はいくつかあると思います。


例えば、

・見積り金額が予算と合わなかった
・日数や代車などサービス内容の条件が合わなかった
・店舗側の対応が気に入らなかった

など、いろいろ考えられますが、元を辿ると

ホームページを見て感じた期待感と実際のお店のサービス内容にギャップがあった

ということが見込み客が離脱する大きな原因のひとつではないかと弊社では考えています。

今のホームページがユーザーに過度な期待感を与えていて、
実際にはその期待に応えてくれない、と思った時に、ユーザーは離脱するのです。


弊社では、上記のような問題を未然に解決するために

無理して背伸びをせず、ありのままの情報を提供する。

ということを意識してサイトを制作しています。


今回は、そのために実際に弊社で行っている具体的な施策をご紹介します。

1)必ず実際の店舗画像を使用する
2)無理に良く見せようとせず、得意なことを書く
3)費用の実例を掲載して情報に幅を持たせる

以下でひとつずつご説明していきます。

1)必ず実際の店舗画像を使用する

サイトで見たお店と実際に来店したお店が全然違うと、
利用をためらってしまうのは当然のことだと思います。


弊社では特殊な理由がない限り素材集の写真などは使用せず、
できるだけ実際の写真を使ってサイト全体を店舗の「覗き穴」にすることを意識しています。


以下、弊社が考える「載せておくべき自社の画像3選」です。

・店舗外観写真
・設備写真
・スタッフ写真

撮影のポイントとしては

・外観は晴れた日に撮影する
・実際の作業風景を撮影する
・スタッフ写真は明るい場所で笑顔を撮影する

ということに気をつけています。

2)無理に良く見せようとせず、得意なことを書く

ホームページで自社を「無理に良く見せよう」とすると
かえって不信感を与えることがあります。


他店やライバルのサイトを気にして
実際に提供できる範囲外の内容を掲載してしまうと

・期待と事実のギャップによる入庫率の低下
・既存の顧客とのトラブル・クレーム

などの問題が発生しやすくなるため、おすすめしません。


例えば、近隣のライバルの兼ね合いで車検の価格競争が不得意な工場であれば
無理して車検で「良い顔」をする必要はなく、

・早くて丁寧な板金塗装
・お客さまの要望に柔軟に応える車修理
・広域対応可能な引き取りサービス

など、自社が持つ別の強みの部分に注力してアピールすることで
自社の強みを頼ってくれるユーザーを集めやすくなります。

3)費用の実例を掲載して情報に幅を持たせる

車検の料金表にしても、修理の費用例にしても
それぞれのプランの最安料金しか掲載していないサイトがたくさんあります。

「軽自動車の車検費用が最安44,870円」としか記載がなければ
実際の予算感がつかめず過度な期待を持って見積り依頼を出されるケースが多くなります。

そして見積りを見た時に、「料金表よりだいぶ高いじゃん」となって
離脱につながりやすくなるのです。


これを解決するためには、「実例紹介」を活用します。

方法はかんたんです。
車検でも修理でも、実際に行った施工の実例を費用と一緒に掲載するだけです。

実例の件数は多ければ多いほど良いので、
後からどんどん追加していければなお効果的です。


費用の実例を見せることで、顧客に正確な予算感を伝えやすくなり、
見積り金額を見せたときのギャップを少なくすることができます。


また、実例を紹する場合は費用だけでなく、
作業工程やコストがかかる理由などを併せて紹介することが重要です。

そうすることで、金額に見合った適切な技術とサービスを提供している、ということを
顧客に説明することができるようになります。



今回は以上なります。
ホームページ経由の問合せからの入庫が少ない、と感じられたら
ぜひ一度上記の改善方法をお試ししてみてはいかがでしょうか。




整備工場のホームページに“冷やかしユーザー”が多い.... image

HP集客ノウハウのその他

このエントリーをはてなブックマークに追加

レポート集

整備工場はHPを作るべきか?のレポート集

車屋さんのHP集客ノウハウレポート集

「HP集客ノウハウ」その他の記事

続きを読む

車屋さんのための検索エンジン対策レポート集

整備業界関連HPのレポート集

全国の自動車整振興会HPの特集

続きを読む

無料トライアルへ