ホーム レポート集 トップ HPを作るべきか?のレポート集 自動車整備工場のホームページ運営やネット集客で陥りやすい問題点と「デキテル」のメリットまとめ

HPを作るべきか?のその他5-3

自動車整備工場のホームページ運営やネット集客で陥りやすい問題点を解決できる「デキテル」のメリットまとめ

タイトルからお分かりいただけるように、今回はあえてがっつり、
弊社が開発・運営しているホームページ作成サービス「デキテル」の
宣伝記事を書かせていただきます。


ただとりとめも無く宣伝の記事を書いてもしようがないので、
これまでこのサイトにアップしてきた

自動車整備工場が陥りやすいネット集客の問題点 →「デキテル」ならどのように解決できるか

という形式でご紹介していきます。



今回は主に、下記の問題をデキテルで解決できる理由をご紹介します。

目次

問題(1)高い費用を払って効果が出ず失敗する
問題(2)正しい作り方がわからずに失敗する
問題(3)作りっぱなしでサイトの改善ができない
問題(4)スマホ時代に対応できていない

問題(1)高い費用を払って効果が出ず失敗

画像

過去の記事「自動車整備工場がホームページ開設時やリニューアル時にやってはイケない7つのこと」でも 触れましたが、やってみないと効果がわからないホームページを
必要以上に高い費用を支払って開設することはあまりお薦めできません。

また、数年前まで業界でよく見かけた「5年リース」などで制作した場合、
後から「作りっぱなしで後は手を入れてくれない業者だった」、というトラブルになる可能性もあります。


費用が安ければ良い、ということでは決してありませんが
リスクやコストは、抑えられるところはなるべく抑えるべきです。


デキテルならリスクを抑えてネット集客を始められます

デキテルは有料サービスですが、月に必要な費用が9,900円と、
イチから制作して数十万円のコストがかかることと比較すれば割安です。

さらに、デキテルでは6ヶ月ごとの契約更新になるため、
仮に効果が出ずに止めてしまったとしても、損失するコストは約6万円ほどで済みます。


また、デキテルは原則として「自分で作成するサービス」なので
業者側が動かないと更新ができない、という心配もありません。


これまでホームページを開設してこられなかった店舗さまにとっても
過去に失敗した経験を持つ店舗さまにとっても、チャレンジしやすい
仕組みをご用意しています。

問題(2)正しい作り方がわからずに失敗する

画像

ネットで集客するための手法はいくつかありますが
自社サイトでSEO(検索エンジン対策)を行って、GoogleやYahoo!などの
検索からユーザーを連れてくる手法が一般的です。

ところが、その主流のSEOもそれほど簡単なものではなく、
正しい作り方をしていないと、ほとんど効果が出ないことがあります。


デキテルは基本的なSEOが自動で施され、
手動部分はスタッフが電話サポートでノウハウを提供します。

デキテルの最大の特徴は、
ホームページのデザイン・内容が始めから出来上がった状態で
スタートできることです。

画像や文章ももちろんですが、
基本的なSEOの構築も自動で行われるため、十分な知識が無い方でも
簡単にSEOが意識されたサイトを制作することが可能です。

また、どうしても手動で行わなければいけない部分に関しては
無料の電話サポートで担当スタッフが丁寧にご説明します。

問題(3)作りっぱなしでサイトの改善ができない

画像

ホームページは基本的に、開設後も手を入れなければ効果の改善ができません。

手を入れる部分はいくつもありますが、
最も重要なのはコンテンツ(ページ数・文章量)を増やし続けるということです。

制作から運営まで業者に丸投げしてしまった場合、
後からページを追加するにも業者を利用することになるため
当然、費用が発生することがほとんどです。

また、業者が事業撤退などしてしまうと最悪で、
手元で更新もできなければ、サイトを削除することも難しい、という事例も
いくつも見てきました。

消費税や重量税変更の対応すらできず、実質死んでしまっているサイトを
見かけることもあります。

デキテルは「自分でカンタンに」サイトが作れるサービスなので
手軽に内容の変更が可能です。

デキテルは自分でホームページを作成できるサービスです。

制作会社がサイトを制作するときのような専門知識やスキルが全く無くても
好きなときに好きなように中身を作り変えることが可能です。

SEOの施策で最も重要な「コンテンツの追加」も、
自分で簡単に行うことができるため、効果の改善や実験的なサービスの打ち出しなど
運営がずっとラクに行えます。

また、サイト診断機能やアクセス解析機能も標準でお使いいただけるので
自分でサイトの改善をガンガン行える仕組みを整えています。

もちろん、不明点には無料サポートでお答えいたします。

問題(4)スマホ時代に対応できていない

画像

弊社のクライアントさま(全て整備工場)の平均データによると、
スマホからサイトに訪れるユーザーの割合は年々増加しており

2014年9月時点で PCユーザー54% スマホユーザー46% と

ほぼ半数に達しようとしています。


それに伴い、スマホで見るとデザインが変わるサイトが増えています。

PCより画面サイズの小さいスマホで見てもしっかりと内容を伝えることが
重要視されているのです。


スマホ対応に関しては検索エンジンのGoogleもその重要性に言及しており、
ネット集客をする中で必要性の高い施策になっています。

しかし、過去に業者に依頼したサイトの場合、スマホ対応するために
追加で費用が発生することが多く、簡単には動けない店舗様が多い実情もあるようです。

デキテルは2014年に追加費用無しで全自動スマホ対応機能を追加。
他にも時代に応じた新しい機能を随時追加しています。

デキテルはクラウド型(ネット上に存在するプログラム)サービスのメリットを活かし、
これまでも様々な新機能を追加してきました。

ここで挙げたスマホ対応機能をはじめ、中古車情報一括掲載機能や
SNS(facebook)連携機能など、時代やご要望に応じて必要な機能を
どんどん追加しています。

逆に、新機能を追加したことでご利用料金の値上げを行ったことは
過去4年間で一度もありませんので、現在デキテルをご利用いただいているユーザー様には
定額で新しい機能やサービスをご提供し続けています。



整備工場が格安ホームページを依頼する時の4つの注意点 image
このエントリーをはてなブックマークに追加

レポート集

整備工場はHPを作るべきか?のレポート集

車屋さんのHP集客ノウハウレポート集

「HP集客ノウハウ」その他の記事

続きを読む

車屋さんのための検索エンジン対策レポート集

整備業界関連HPのレポート集

全国の自動車整振興会HPの特集

続きを読む

無料トライアルへ