ホーム レポート集 トップ HPを作るべきか?のレポート集 自動車整備業界はネットで集客できるのか?(1)

HPを作るか迷っている整備工場さんに1-1

整備業界はネットで集客できるのか?

「整備業界でもインターネットの活用が必要」
と盛んに言われるようになってから、かなりの時間が経ちます。

しかし、本当に整備業界はインターネットからの
集客が可能なのでしょうか?

今回の記事では、インターネット上に整備業界の
見込み客がいるのかを検証してみます。

質問!
『車検』というキーワードを、インターネットで
検索する人は1年間に何人くらい、いると思いますか?

魚がいない釣り場で釣りをしても、釣果は上がりません。
同じように、インターネット上で自動車整備工場を探している人がいなければ
ホームページ等での集客は不可能です。

そこで、いったい、何人くらいの人が、
インターネットで自動車整備工場を探しているのかを調べてみることにします。

実際の釣りでは『魚群探知機』を使って、魚がいるかどうかを調べますが、
インターネット上にも、『魚群探知機』に似たツールがあります。

それが、検索エンジン大手「グーグル」が提供している、
各キーワードが何回検索されたかのデータが分かる『キーワードツール』です。
このツールを使うと、各キーワードごとの検索回数が具体的に分かります。

今回は、整備業界で、もっとも検索回数が多いであろう、
『車検』と言うキーワードが1ヶ月に何回検索されているかを
『キーワードツール』を使って調べてみたいと思います。

(図1 キーワードツールの表示結果)
キーワードの検索数
上記の図にあるように、
『車検』というキーワードは
1ヶ月に55万回検索されていることが分かります。
年間に直すと 55万回×12ヶ月で660万回検索されているということになります。

比較対象がないと、この55万回と言う数字が大きいのか、
小さいのか分かりにくいと思いますので、
他のキーワードの検索回数も参考に記述します。

『ゴルフ場』 9万回
『東京スカイツリー』  7.4万回
『スギちゃん』 6万回

上記のキーワードと比べても、『車検』のほうが、かなり多く検索されていることが分かります。

私たちの業界では月間の検索数が50万回を越えるキーワードを
『超ビッグキーワード』と呼んでいますが、
車検はこの『超ビッグキーワード』にあたります。

冒頭の、釣りの例えでいうと、『車検』という釣り場
魚がウジャウジャいる釣り場のようなイメージになります。

車検以外のキーワードも多く検索されている。

上記のように『車検』というキーワードは多く検索されています。
ただ、鈑金塗装やコーティングなどの他の商材はどうでしょうか?

車検に比べて、検索されている回数は多いでしょうか、
それとも少ないのでしょうか?

そこで、車検以外の主要なキーワードの月間検索回数を
多い順に以下に記述してみます。

『中古車販売』 16.5万回
『自動車販売』 13.5万回
『自動車修理』 7.4万回
『新車販売』 6万回
『板金塗装』 6万回
『鈑金塗装』 2.2万回
(図1 2012年9月20日Googleキーワードツールの表示結果)

上記のように車検以外の商材も一定数、
検索されていることが分かります。

つまり、他の商材でも、インターネット上に
見込み客がいると言えます。

実は、大きな市場がインターネット上に形成されている。

上記のように、整備関連のキーワードを探している人は多くおり、
大きな市場がインターネット上で形成されていることが分かります。

探している人がインターネット上にいるわけですから、
自社のホームページを適切に露出することができれば、十分に集客可能な状況になっています。

実際に、当社の『デキテル』をご利用中のユーザーの中でも、
年間300件の新規入庫をホームページから獲得されている
店舗さまも登場してきました。

インターネット上に市場があることを踏まえた上で、
次回の記事では、ホームページ集客で期待できること
について書いてみる予定です。

最後までお読みいただいてありがとうございました。
整備工場がホームページ集客に期待できること image
このエントリーをはてなブックマークに追加

車検の検索数は年間700万回

自動車整備工場はWEBで集客が可能です。

レポート集

整備工場はHPを作るべきか?のレポート集

車屋さんのHP集客ノウハウレポート集

「HP集客ノウハウ」その他の記事

続きを読む

車屋さんのための検索エンジン対策レポート集

整備業界関連HPのレポート集

全国の自動車整振興会HPの特集

続きを読む

無料トライアルへ