ホーム レポート集 トップ 検索エンジン対策のレポート集 メインキーワード比率を3~5%に調整する 自動車整備工場のSEO

知っておいて損をしない検索エンジン対策2-1

自動車整備工場のSEO メインキーワード比率を3~5%に調整する

キーワード比率は5%

キーワード比率とは

キーワード比率を調整して検索順位を改善する方法のページで
キーワード比率についてご紹介しました。

ここでも簡単にキーワード比率についてご説明します。

キーワード比率とは

・ひとつのページ内で使われている単語数の比率のこと
・キーワード比率を最適化するとアクセスアップにつながりやすくなる
・一般的な推奨値は3~5%(高すぎると逆効果)

といったものですが、
今回は「推奨比率は3~5%」の理由についてもう少し掘り下げて
ご紹介してみようと思います。

推奨比率3~5%の理由

キーワード比率を3~5%に収めることが推奨されている一番の理由は
検索エンジンにユーザーの役に立つページだと認識してもらうためです。

検索エンジンは、キーワードの比率や近接度から、
そのページの主な内容を把握し、ユーザーがその内容に含まれるキーワードを検索した際に
検索結果としてページを表示します。

ページの内容を的確に伝えないと、検索エンジンがユーザーに紹介してくれにくくなるのです。

キーワード比率がアクセスアップに繋がると言われる理由

Googleの検索エンジンが数百項目とも言われるチェックを行い
WEBサイトを評価しています。

その目的は、

ユーザーにとってより役に立つコンテンツを紹介することです。

キーワード比率はその効率を高める要素のひとつと考えられてきました

キーワード比率を最適化することで、
「このページはこんな内容ですよ」ということを、
Googleに伝えることができます。

ページの内容をページ側から伝えてくれた方が、検索エンジン側も
ユーザーに紹介しやすくなるわけです。

キーワード比率が高すぎると逆効果

ページの文章中にキーワードが無理やり詰め込みすぎていると、逆効果になる場合もあります。

不自然なキーワードの詰め込みは視覚的にも見にくいですし、文章の整合性も低くなることが多くなります。

そうしたページはGoogleからマイナス評価を受け、最悪ペナルティ(強制順位降下)の対象とされる場合があります。

一般的に、自然で見やすくかつ適正なキーワード比率として
「3~5%」が推奨されています。

キーワード比率の調整のみで検索順位は上昇しない

キーワード比率を最適化することだけが検索順位の上昇に繋がるわけではありません。
  

それだけで検索順位を操作できるほど検索エンジンはバカではありません。

適切な比率でページを作成しても、
ページタイトルが最適化されていなかったり
文字数が極端に少ないページは評価されにくくなります。

私自身はキーワード比率を気にする前に、
以下のようなことに気をつけるようにしています。


・文字数が1,000文字以上か?
・タイトルや見出しは適切か?
・リンクエラーや構文エラーはないか?

そして何より、この記事はユーザーの役に立つか?

ということを常に意識しながら
記事を書くようにしています。

キーワード比率自体は、
最後に書いた記事を読み直した際に違和感があれば
確認するくらいでよいと思います。


忙しい車屋さんのために「SEOの考え方」をまとめました image
このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワード比率を3~5%にすると

自然な構成の文章を作成しやすく
ペナルティを受けにくい。

レポート集

整備工場はHPを作るべきか?のレポート集

車屋さんのHP集客ノウハウレポート集

「HP集客ノウハウ」その他の記事

続きを読む

車屋さんのための検索エンジン対策レポート集

整備業界関連HPのレポート集

全国の自動車整振興会HPの特集

続きを読む

無料トライアルへ