ホーム レポート集 トップ 検索エンジン対策のレポート集 デキテルがメインメニューを3つに絞る理由

検索エンジン対策のその他3-14

デキテルがメインメニューを3つに絞る理由

デキテルでは、
メインメニューを3つしか選択できないように設定しています。


それには、とても重要な理由があって、
メインメニューを絞ることで、
専門性の高いホームページ作りに取り組むことができるからです。


そこで今回は、
メインメニューを3つに絞ることでのメリットについて
ご紹介していきたいと思います。


メニューを絞ることでのメリット


・検索エンジンが好む専門性の高いホームページが作れる
・メニューを絞ることで効率よくページが増やせる
・ユーザーがウェブサイト内を回遊しやすくなる


上記について、
以下で詳しくご紹介していきます。


検索エンジンが好む専門性の高いホームページが作れる

検索結果で上位表示を獲得するには
専門性の高いホームページ制作に取り組む必要があります。


なぜなら
浅くて広い内容のホームページ(誰でも知っているような知識やノウハウなど)は
現在、Googleから評価されにくくなっているからです。


ですので
検索結果で上位表示を獲得するには、
Googleに評価されやすい傾向にある、
『専門性の高いホームページ』作りに取り組む必要があります。




SEO対策において
専門性の高いオリジナルコンテンツを制作し配信することは
最も重要な施策であると言えます。

メニューを絞ることで効率よくページが増やせる

『メニューが5つあるホームページ』『メニューが3つあるホームページ』
を比較した場合、
1ヶ月間(30日)、毎日1ページずつのページ追加で、
各メニュー毎のページ数は何ページになるでしょうか?


・メインメニューが5つあるホームページの場合

→ 1つのメニューにつき6ページ

・メインメニューが3つあるホームページの場合

→ 1つのメニューにつき10ページ


上記のように、メニューを絞ることで
専門性を高めたホームページ作りがより効率的、かつスピーディーに行えます。


後発サイトの場合でも、
メニューを絞ればメニュー毎のページ数で
いち早く競合サイトを上回ることが可能となり、
結果として、検索結果での上位表示に繋がります。


また、メニューを絞ることで、
ホームページ運営や管理がしやすくなるというメリットも挙げられます。


ユーザーがウェブサイト内を回遊しやすくなる

ホームページに専門性を持たせると、
ユーザーが回遊しやすいホームページに仕上がります。


例えば、
整備工場のホームページに訪問するユーザーは、
車の修理や整備に関する情報を求めているはずです。


ホームページを車の修理や整備に特化した内容にすることで、
ユーザーに欲しい情報だけが載っている、
『利用しやすいホームページ』と認識してもらうことが可能となります。


利用しやすいホームページでは、
ユーザーの回遊率があがり、
直帰率の改善に取り組むことができます。


そのことにより、
ホームページのPV数(アクセス数)もアップするので、 ホームページ集客における好循環サイクルを生み出すことが可能となります。


自然とSEOに強いホームページが作れる仕組み

デキテルを利用すると、
なぜ効果がでやすいか?ですが、
知らないうちに『SEO対策』に取り組めているからです。


スキルがなくても効果が出せる仕組みを、
デキテルでは随所に導入しているので、
専門知識がなくても効果的なホームページ運営が行えます。


さらに、デキテルではページ数を無制限に追加できるので、
より専門性を高めたホームページ作りに取り組めます。


また、
デキテル内の『その他』ページのメニュー名も変更できるので、
最大4つのメニューに絞ったホームページ運営が可能です。


たった2分で、かっこいい車屋さん専門のホームページが作れるデキテルを、
ぜひ一度、お試しください。


検索エンジン対策のレポート集 image
このエントリーをはてなブックマークに追加

レポート集

整備工場はHPを作るべきか?のレポート集

車屋さんのHP集客ノウハウレポート集

「HP集客ノウハウ」その他の記事

続きを読む

車屋さんのための検索エンジン対策レポート集

整備業界関連HPのレポート集

全国の自動車整振興会HPの特集

続きを読む

無料トライアルへ