ホーム レポート集 トップ 検索エンジン対策のレポート集 2016年版 車検のネット集客をレポート

検索エンジン対策のその他3-3

2016年版 車検のネット集客をレポート

チラシの効果が薄くなったと言われ始めた数年前から
ネット集客へシフトする店舗さまが増えましたが、

車検に関しては、ネットで集客するのがさらに難しい時代に突入したと
感じています。


今回は、車検のホームページが増え始めた2007年頃から
2016年4月現在までに、「車検の集客」どう変化しているのかをまとめてみました。


リスティング広告が激戦区に

リアル世界の
チラシ → ホームページ へと新規集客の主戦場が移り変わり始めて
10年近く経ちました。

5~6年前までは、車検のホームページを立ち上げるだけで
まだまだ先行者利益でアクセスや反響(問合せや来店)がありました。

その流れがさらにこの5年ほどで
ホームページのみ → ホームページ + 広告 という形に変化してきています。

ここでいう広告とは、
YahooやGoogleなどで検索したときに
検索結果の上部に出てくる「リスティング広告」のことです。

現在は各都道府県の
主要都市 × 車検 を組み合わせて検索すると
必ずといって良いほど広告が表示されるほど利用企業が増えました。


車検の新規集客コストが4倍以上に

リアル店舗の世界でもそうですが
ライバル企業が増えると新規獲得単価は上がっていきます。


リスティング広告も、利用する企業が増えたことで
元々「入札制」という形を取っていたリスティング広告の単価は
4倍以上に跳ね上がりました。


実際に弊社が広告運用をお任せいただいている店舗様では、
5年前に 1クリック100円前後だった広告単価が
現在では 1クリック450円ほどに高騰しています。


競合が増えたことで参入障壁がさらに高く

また、リスティング広告を掲載する企業同士の競争も激しくなりました。

広告上位に表示させている店舗の多くが

・最短60分などスピード車検
・軽4万円台などの低価格車検

など、「地域一番」要素を打ち出しています。


さらに、前述の「クリック単価の高騰」と合わせて考えると
会社の規模、設備などの条件を、競合他社と戦える内容に合わせないと
広告を出しても効果を上げるのが難しい時代に突入したといえるでしょう。


広告参入が難しくてもSEOでアクセスは増やせる

上記のような状況の中、後発の整備工場さまが
ネットで集客するにはどうするべきか?


弊社では以下のようにお伝えしています。

1)SEO強化でアクセスアップ
2)入り口商材で管理ユーザー獲得
3)2ステップマーケティングで車検獲得


以下で簡単に解説します。

(1)
まず、広告に頼らず検索エンジンから集客します。
重要なのは、長くたくさんアクセスを集められるサイトを構築することです。


(2)
集客する商材は、車検以外で需要が高く、自社が得意なものを打ち出します。
できれば、商圏内で自社が最も強い、と思えるメニューが理想です。


(3)
一度顧客化してしまえば
(1)と(2)を合わせたサイトで獲得した新規ユーザーに
DM、メルマガ、御用聞きのお電話などで車検を販売できます。

併せて、顧客の見込み度に合わせてキャンペーンを打つなども
業界でよく見られるマーケティング手法です。

このサイクルがうまく回れば、車検での競合を回避して
自社の得意なフィールドで集客ができます。

ネット集客 → 獲得顧客数 の源泉は「アクセス数」です。
広告を回避してSEOでいかにアクセスを取れるメニューを打ち出せるか、が
重要な要素になります。


デキテルはSEOに強いページが作れます

デキテルで作られたページには、
半自動でSEO(検索エンジン対策)が施されており
元々SEOが成功しやすい土台が出来上がっています。


さらに、店舗様側で作っていただく内容によっては
地域名 + メニュ名 で検索上位獲得されている店舗も
少なくなりません。


また、業界専門の運営会社が、
ページ作成のポイントをサポートするので
ゼロから始めた場合と比べ、失敗する確率はかなり下げられます。


ご興味があれば、まずは無料お試しをしてみてください。
無料電話サポートでは、実例を交えて詳しくご案内することも可能です。




車屋さんが知っておくべきSSL対応と検索順位について image
このエントリーをはてなブックマークに追加

レポート集

整備工場はHPを作るべきか?のレポート集

車屋さんのHP集客ノウハウレポート集

「HP集客ノウハウ」その他の記事

続きを読む

車屋さんのための検索エンジン対策レポート集

整備業界関連HPのレポート集

全国の自動車整振興会HPの特集

続きを読む

無料トライアルへ