ホーム レポート集 トップ IT用語のレポート集 リスティング広告について 自動車整備工場さまが知っておきたいIT用語集

IT用語のその他4-5

リスティング広告について整備工場さんが知っておきたい事

リスティング広告について整備工場さんが知っておきたい事

リスティング広告とは

リスティング広告とは、
検索エンジンで検索した「キーワード」に対して関連性の高い内容の広告を
検索結果やWEBサイト上に表示させるサービスです。

「PPC広告」「検索連動型広告」とも呼ばれています。

上の画像の色つき枠に囲まれている部分が広告の掲載枠になります。

リスティング広告サービスの特徴

新聞チラシやCMとの一番の違いは
「クリック課金型」の料金システムです。

リスティング広告では、
検索結果などに表示された広告をユーザーが
クリックして初めて料金が発生する仕組みになっています。

この仕組みにより、関心の低い(クリックしない)ユーザーへの
宣伝コストを削減することができますので、費用内でより自社のサービスに
関心の強いユーザーを集めることが可能になります。

リスティング広告の主なサービスの種類

リスティング広告のサービスは複数の企業が提供しており、
表示される場所や用途によって選ぶことができます。

ここでは、国内シェアのほぼ大半を占める2社をご紹介します。
Yahoo!JAPANリスティング広告
Yahoo!JAPANが提供するサービス。
Yahoo!JAPANの検索結果やパートナーサイトで
広告を表示します。
Google Adwords
Googleが提供するサービス。
Googleの検索結果や広告ネットワーク上で
広告を表示します。

弊社では整備工場さまにリスティング広告をお薦めしていません

リスティング広告は、
検索エンジンの機能や特性を生かした
とても効率の良い宣伝の形だといえます。

しかし、現在のところ弊社では
整備工場さまにリスティング広告のご利用をお薦めしておりません。

理由は、整備工場さまの業務に与える
デメリットの方が多いと考えるからです。

整備工場さまがリスティング広告を使用した際のデメリット

管理するのが難しい
リスティング広告は、使用しているサービスによって
管理画面のビジュアルや操作方法、使用されている用語などが
バラバラです。

そのため、上記の最大手2社のツールを使いこなすだけでも
かなりの時間をかけて知識の習得と実践を積む必要があります。
人的コストが高くなる
複雑な操作方法を習得した上で
公開している広告の効果測定を頻繁にチェックし、予算や内容の
修正をする必要があります。

そのため、少人数で毎日の業務をこなしている
町の整備工場さまにとって、スタッフさんの大事な時間の一部を
奪われてしまうことになります。
効果を出すには結局高額な費用がかかる
上記の人的コスト増加に加えて
広告自体の費用が加わるため、結局は
高額な経費が発生してしまいます。

代行業者も存在しますが、数万円の管理費を支払うことになれば
それも同じことです。

弊社の知っている整備工場さまは、
毎月約30万円以上リスティング広告にコストを割いていましたが、
「人的コストも含めると採算が取れない」と広告をおやめになりました。

以上のようなことを考えると、
自動車の点検整備などが主な業務の整備工場さまにとって
若干ハードルが高すぎるという感は否めません。

もしご利用になるのであれば、
上記のようなリスクはある程度覚悟した上で
臨まれる必要がありそうです。

デキテルのSEOで集客効果は狙えます

整備工場さまのホームページのゴールは
「問合せを取ること」ですので、通常の検索エンジン対策を
しっかり実施すれば、WEB集客で効果を狙うことは十分可能です。

デキテルには、半自動SEO対策や、
ページ追加機能など、検索エンジン対策のための
機能が詰まっています。

月額費用は¥9,900(税別)、
操作はマニュアルが要らないほど簡単なので、人的コストも削減でき、
経費面での負担軽減に大きく貢献できます。

整備工場さまのために特化した機能を備えたデキテルで
ホームページ集客の楽しさを感じてみてください。

「デキテル」について詳しく知りたい方はこちら

あるいは

車検ポータルについて image
このエントリーをはてなブックマークに追加

レポート集

整備工場はHPを作るべきか?のレポート集

車屋さんのHP集客ノウハウレポート集

「HP集客ノウハウ」その他の記事

続きを読む

車屋さんのための検索エンジン対策レポート集

整備業界関連HPのレポート集

全国の自動車整振興会HPの特集

続きを読む

無料トライアルへ