ホーム 生き残り術集 トップ 車屋さんのホームページに掲載するべき「特長」24個

HP集客ノウハウのその他10-

車屋さんのホームページに掲載するべき「特長」24個

「ホームページに自社の何を書けばいいかわからない」

と、整備工場の経営者さまからご相談いただくことがあります。

私個人から見れば魅力がたくさんの工場さまでも、
経営者さまご自身からすると「当たり前意識が」強いのか
特筆すべき事項が何なのか、よくわからない、というケースがあります。


今回は、そんな整備工場さま向けに、弊社が普段制作をするときに
積極的に取り上げる「車屋さんの良いところ = 特長」をご紹介いたします。


サービス系の特長

整備工場さまに「御社の特長を教えてください」と質問すると
「特にないかな・・・普通に車検やって、鈑金やって、車も売るし。」

という感じのお答えが返ってくることが多いです。
ですが、「普通」なんてとんでもないです。

例えば、

・指定工場 = 立ち合い車検が可能
・鈑金ブース完備 = 外注工場より安いし早い
・積載車がある = 出張引き取りが可能


というように、少し深く掘り下げると、一般ユーザー様にメリットたっぷりの
たくさんの「特長」が見えてくるはずです。

例えば、昨年から導入された「ETC2.0の再セットアップ」や、
商圏を広くとれる「輸入車の車検・点検に対応」などは、検索エンジンからの流入も
見込める非常に強い特長になるはずです。

今一度、自社が提供できることを紙に書き出すなどしていただいて
ユーザーさまに感じていただくメリットを再認識してみてはいかがでしょうか。

■サービス系でおススメの特長

・ETC2.0 再セットアップ
・水性塗料対応
・輸入車対応
・ボッシュカーサービス
・コバックなど加盟チェーン
・中古パーツ取り扱い
・出張引き取り対応
・持ち込みパーツ対応
・即日対応


設備系の特長

設備についても同様に、整備工場さまが「当たり前」と思うものでも
一般ユーザーさまからすれば「安心」や「頼りがい」を感じることが多数あります。

例えば、

・輸入車専用の診断機完備 = 説得力アップ

など、サービス系の特長と併せて記載することで
より説得力を増すものもあります。


■設備系でおススメの特長

・スキャンツール
・塗装ブース
・タイヤチェンジャー
・完成検査場
・リフト〇〇基保有
・アライメントテスター
・キッズコーナー
・待合スペース
・輸入車用テスター


資格・スキル系の特長

弊社では、ホームページを制作する際に
できるだけスタッフ様のお顔を出すようにしていますが、
併せて「資格」や「スキル」も添えるようにしています。

一般ユーザーの中には、顔も素性もわからない人やお店に
大事な車を預けることをリスクに感じる方も多いので、
顔と経歴を掲載することで「この人に任せる」という認識を強めることが狙いです。


自動車検業界は特に、職種ごとに資格が複数あるため
サービスごとに担当スタッフさまと、保有資格を掲載することで
より安心感を増すこともできるでしょう。


■資格・スキル系でおススメの特長 ・指定工場
・実績入庫台数
・金属塗装1級
・自動車検査員
・国家資格整備士の人数
・スーパーアドバイザー


「自ら情報発信」が主流の時代

ホームページは、ここ数年で
「業者が作るもの」から「自社で情報発信するもの = 自社メディア」として
運用される時代に移り変わってきています。 


各企業さまが、顧客さまへのメリットと自社の強味をしっかり認識し、
自ら情報発信することで、新たなニーズをキャッチできることも少なくありません。
この機会に、今一度御社のすばらしい「特長」を探してみられてはいかがでしょうか。

デキテルは自社メディアを作成できるサービス

弊社が開発・運営している
自動車業界専用ホームページ作成サービス「デキテル」は

・2分でホームページが完成(9ページ)
・ページ追加も無制限
・専門知識なしで運営可能(サポート付)

なので、ホームページの形を作るための労力はほとんど必要なく
自社の「特長」を発信できる「自社メディア」を簡単に作成できる
サービスです。


自動車業界に特化したサービスと運営会社のサポートが、デキテルの「特長」です。


ぜひ一度、無料のお試し作成で、自社メディア作成の楽しさを体感してください。



デキテルトップへ

文字数を増やす image

今すぐ無料で作れます

ホームページ案がたった5ステップで完成。
お好きな色、デザインをお選びいただいたら、
制限なく すべての編集機能をお試しいただけます。

無料トライアルへ
またはトップページへ

お問合せ

お気軽にお電話でお問合せください。

メールでお問合せ

お名前
E-mail
お電話番号
ご相談
お問合せ内容