ホーム レポート集 トップ 整備業界関連HPのレポート集 全国自動車部品販売店連合会 JAPADAのHPについて 整備業界関連HPの整備工場さま向けまとめ

整備業界関連HPのその他10-6

JAPADAホームページについてのリポート

JAPADAとは

正式名称は全国自動車部品販売店連合会。
Japan Automotive Parts and Accessories Distributors Association の略称が「JAPADA」となります。

JAPADAは会員向けにJAPADA Reportを年2回発行しており、
また自動車部品業界に関連した各種情報誌も発行しています。

日刊自動車新聞社の発行する業界紙「アフターマーケット」の監修も務めています。

なりたち

1955年(昭和30年)に「部品懇談会」として活動開始。
1964年(昭和39年)に全国団体「全国純正部品懇話会連合会」が結成されました。
これがJAPADAの前身となります。
以後全国に会員を増やし1999年(平成11年)現在の名称に変更。
会員は自動車部品・用品を販売している部品販売会社(部販・共販)、
カーディーラーで構成され、カーメーカー15社も賛助会員となっています。

JAPADAホームページの構成

  • ホーム
    • JAPADAとは
      • JAPADAとは
      • Q&A
      • お問合せ
    • JAPADA Report
      • バックナンバー
    • 自動車関連ニュース
    • ユーザーコーナー
    • リンク
    • 会員コーナー
JAPADAのホームページの概要は上のようになります。
Xoopsと呼ばれるCMSを使って構築されているサイトです。

JAPADAホームページの特徴

・Q&Aが充実
会員さん向けのQ&Aページの内容が非常に充実しています。
新しく参加した企業の方もここを一通り読めばだいたいのことが把握できそうです。
・会報誌のバックナンバーの充実
年に2回発行されている機関誌「JAPADA Report」のバックナンバーが PDFファイルとしてアップされています。

ページごとの閲覧も可能ですが、一冊フルでのダウンロードも可能になっており
利便性の高い作りになっています。
・リンク集の実用性が高い
部販、ディーラー、メーカー、関連団体など細かくカテゴライズされ
関係団体のホームページが網羅されているリンク集は実用性が高そうです。
JAPADAホームページ

デキテルを使うと

弊社の車屋さん専用のホームページ作成集客ツール「デキテル」は
業界紙アフターマーケットでも紹介されたサービスです。

デキテルでは選べるメニューに「パーツ取付」も選択でき
「カスタム」や「修理」「板金塗装」など全部12種類用意されています。

簡単に編集できてホームページ集客を「楽しむ」ことが出来る「デキテル」。
興味のある方はぜひお試しください。お試しは無料です。
「デキテル」について詳しく知りたい方はこちら

あるいは

CAR JOB (自動車整備士専門の求人サイト)について image
シナジーデザインからこのページについて

無料トライアルへ