無料トライアルでその場でお試しいただけます!こちらをクリック!

ホーム 独自レポート トップ 被リンクについて 自動車整備工場さまが知っておきたいIT用語集

整備工場さまの検索エンジン対策3-2

被リンクについて整備工場さんが知っておきたいこと

被リンクについて整備工場さんが知っておきたいこと

被リンクとは

あるホームページが他のページからリンクを張られている場合、
それを被リンク(バックリンク)または外部リンクと呼びます。

基本的に被リンクが多いホームページは、検索エンジンから高評価を受け
検索順位が高くなることになります。

ただし、被リンクが多ければただそれだけで高評価を受けるわけでもなく、
質の悪いリンクを集めると逆に検索エンジンから悪い評価を受け
検索順位が下がることになるので注意が必要です。

効果的な被リンク

関連サイトからのリンクは高評価となります。

例えば自動車整備工場の場合、同業種の同じ整備工場さんはもちろん、
車関係の他業種の企業やお店などからのリンクが有効です。

特に加盟する整備振興会さんなど公の機関や組織などからのリンクは
高く評価されます。

またリンクを貼って貰うときは「こちら」や単にURLでリンクしてもらうのではなく
会社名や「車検は◯◯整備工場」など関連する言葉を使ってリンクしてもらうほうが
断然効果が高くなります。

(被リンクについて更に詳しくは被リンクを集めるをご参照下さい)

やりすぎは良くない

リンクが検索エンジン的に効果があるということで、
様々な自動相互リンクサービスや直接リンクを買うことができるサービスなどが存在しています。

しかし作為的なリンクは逆に検索エンジンからマイナスの評価を受けることがあります。

特に最近は、検索エンジンの性能が上がり専門業者によるリンクの供給
どんどんマイナスの評価になっているようですので注意が必要です。

検索エンジンは「誰にも便利な検索結果」を提供するために
その検索結果に悪影響を与えると判断する作為的なリンクには
容赦なくマイナス評価を下していきます。

検索をするユーザーにとってメリットのあるリンクであれば
評価が悪くなることはありません。

とにかくホームページを作るときは、
ユーザーにとってメリットがあるように作っていくことが大切となります。

整備工場さんがホームページを作ったら

先ほども触れましたが、特に加盟している振興会さんなど
公共の機関でかつ関連性の強いサイトからのリンクは評価が高くなります。

振興会さんなどは、整備工場さん自らがお願いすればリンクを貼ってもらいやすく
効果も高いので、まだリンクをもらってない場合は是非お願いしておきましょう。

また、同業種でホームページを運営しているところがあればリンクをお願いしてみましょう。
ただ、リンクは一度に増えるより少しずつ自然に増えていくほうが良い評価となります。
一度に大勢にお願いするのではなく、気づいた時に少しずつやっていきましょう。

ホームページとは別にご自分でブログなどやられていれば、
そこからもリンクをはっておきましょう。
ミクシー、facebook、TwitterなどのSNSをやられている場合は、
ご自分のプロフィールページからのリンクも効果的です。

ブログやSNSをやっている友人やお客様にお願いするのも良いでしょう。
この場合も急に増えないように少しずつお願いするようにしてください。

デキテルでは

デキテルでホームページを作成した場合、
デキテルのページから各ホームページにリンクを貼っています。

自動車業界専門サービスのページからのリンクなので
関連性もきちんとあり間違いありません。

またデキテルで作るホームページの中にも
サイドバーにリンク集用のブロックがあり、
こちらからも外部に簡単にリンクが貼れるので
リンクをお願いしやすくなっています。

すべての整備工場さんにインターネット集客の楽しさを知ってもらいたい。
それがデキテルです。ぜひ一度お試しください。

(デキテルについては詳しくはこちらをご参照下さい)

デキテルトップへ

デキテルTOPへ

Googleについて 次のレポート記事へ

今すぐ無料で10ぺージ

たった5ステップでホームページ案が完成。
無料期間中、デザインや色は何度でも
自由にカスタムできます。

さっそく無料でスタート
またはトップページへ