車好き向けSNS「みんカラ」と整備工場向け有料ブログ「みんカラ+」概要まとめ

ホーム 生き残り術集 トップ 車好き向けSNS「みんカラ」と整備工場向け有料ブログ「みんカラ+」概要まとめ

整備工場さまとソーシャルメディア2-4

車好き向けSNS「みんカラ」と整備工場向け有料ブログ「みんカラ+」概要まとめ

CMSについて整備工場さんが知っておきたいこと

みんカラとは

facebook 正式名称は「みんなのカーライフ」、
車好きの人たちを対象としたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。

(SNSについて詳しくはこちらをご参照下さい)


登録するとまずは愛車の登録から始まるところからも、 まさに車を中心としたコミュニケーションツールだということが分かります。

愛車紹介、自分のプロフィール紹介やブログなどはもちろん、 燃費記録やおすすめスポットなどの情報も公開できます。

個人ユーザーは無料で利用できますが、
ショップやメーカーは有料となっており、
公式ブログやネットショップ機能などが利用できます。

2012年6月16日に登録ユーザーが50万人を突破されたことが発表されています。

整備工場さんのみんカラの使い方 「みんカラ+」

個人のブログは商用利用ができませんが、
有料の「みんカラ+(みんカラプラス)」は商用利用可能です。

整備工場さんがお店の宣伝や営業にみんカラを使う場合は
有料版の「みんカラ+」を利用する必要があります。

2012年7月現在、加盟店一覧には約380社が掲載されています

費用

月額利用料は10万円です。

みんカラプラスのメリット

1.車ファンがユーザーとなるので広告効果が高い
熱心な車ファンが集まるSNSなので広告効果が高いと言われます。
またユーザー自身がブログで紹介してくれると口コミ効果が期待できます。
2.デモカー紹介など特化した機能がある
ショップのデモカーを登録することでユーザーに広く公開できます。
イベントキャンペーンなどの情報も発信できます。

みんカラプラスのデメリット

1.費用が高額
月額10万円かかるのでそれに見合う効果・販売量が期待できないと
なかなか始めにくいでしょう。
2.効果を得るためのサイト運営に以外にコストがかかる
SNS機能付きネットショップであるため、
ユーザーとのコミニュケーションが必須となり
人的・時間的コストがかかることが予想されます。

また通常のネットショップ同様に売上を上げるためには
管理・運営にも人的コストが発生します。
3.競争相手と比較されやすい
同業種が同じサービス内でユーザーに閲覧されるために
一般のホームページよりも比較がされやすく価格サービス競争にさらされやすくなります。

インターネットで集客に成功されている車屋さんを見てみるインターネットで集客に成功されている車屋さんを見てみる

デキテルとみんカラプラスなら

ネットショップとして利用するのであれば、
「カーセンサー」や「グー」と同時に「みんカラプラス」も
候補にあげて考えることができると思います。

ただ、ホームページとして考えるならみんカラプラスよりも
弊社のデキテルの方がおすすめです。

デキテルなら月額約1万円(9,900円税別)でご利用いただけ、
いったんホームページを作成してしまえば、その後の人的コスト
みんカラプラスに比べて圧倒的に少なくなります。

デキテルは無料でお試しいただけます。
まずは無料でお使いいただきホームページを作成する楽しさ
体験していただければと思います。

(デキテルについて詳しくはこちらをご参照下さい)

デキテルトップへ

デキテルTOPへ

検索エンジン対策について 次のレポート記事へ

今すぐ無料で10ぺージ

たった5ステップでホームページ案が完成。
無料期間中、デザインや色は何度でも
自由にカスタムできます。

さっそく無料でスタート
またはトップページへ
デキテルマンガ
IT導入補助金認定ツールです