ホーム レポート集 トップ サーバーについて 自動車整備工場さまが知っておきたいIT用語集

HP開設に必要な基礎知識1-2

サーバーについて整備工場さんが知っておきたいこと

サーバーについて整備工場さんが知っておきたいこと

サーバーとは

インターネット上にホームページなどのデーターを置いておく場所、
それがサーバーです。

ホームページを会社に例えると、
ホームページの中身・内容が会社の建物や働いている人、
サーバーはその会社の建物が立っている「土地」ということになります。

つまり、ホームページを開設しようと思えば
必ずそれを作るための「土地(=サーバー)」を用意しなければいけません。

ホームページを会社に例えると

新規ホームページ開設に必要なもの

サーバー以外に新規でホームページを開設する際に必要な物をまとめてみます。
■ドメイン
ホームページの住所に当たるものです。
専用の業者に依頼して登録する必要があります。
■サーバー
ホームページを置く「場所」となります。
■ホームページの中身
ホームページ本体です。専用のソフトを使い作成します。
作成には専門的な知識やスキルを必要とします。
これら全てを自分で用意するのはなかなか大変なので
普通は業者に依頼し用意したり作ってもらったりします。

サーバーを用意するには

サーバーは自分で作るか、レンタルするかのどちらかの方法で用意します。

自分で作る場合は「自社サーバー」と呼ばれます。
それ用の端末(業務用の特別なパソコン)を用意し
その端末が24時間常にインターネットと接続するように設定します。

しかし、この方法はセキュリティ面なども含め運用にかなりのコストがかかります。
大企業や大きなサービスを運営する場合以外は自社サーバーを立ち上げることは稀です。

もう一つの方法が専門の業者が用意しているサーバーをレンタルする方法です。
家賃を払って部屋を借りるように、サーバー会社に月額使用料を払ってサーバーを借ります。
こちらが一般的な方法となります。

どこでサーバーを借りたらいいのか

少し検索すればサーバー会社はたくさんあり、プランも金額も様々です。
この中から目的とコストに合ったものを見つけてサーバ会社と契約することになります。

土地の広さに当たる「容量」がどれくらいの大きさか、どんな機能があるのか、など
コスト以外でサーバーを借りる際に考えるべき要素はたくさんあります。

デキテルならサーバーを借りる必要はありません

以上のようにホームページをゼロから新規で作ろうとするとなかなか大変です。

弊社のホームページ作成ツール「デキテル」なら、サーバーにまつわる心配は一切無用です。

準備は全てあらかじめ整っているので、ただ作りたいホームページをイメージして、
御社をアピールするためのホームページを作っていくことができます。

「デキテル」なら、わずらわしいことに頭を悩ませることなく、
ただ純粋にホームページ作りに専念できます。

(デキテルについては詳しくはこちらをご参照下さい)

デキテルトップへ

独自ドメインについて image

今すぐ無料で作れます

ホームページ案がたった5ステップで完成。
お好きな色、デザインをお選びいただいたら、
制限なく すべての編集機能をお試しいただけます。

無料トライアルへ
またはトップページへ