Google Analytics機能の使用に関して(上級者向け)

デキテルではこの度、Googleが提供するアクセス解析の仕組みである
Google Analytics」が利用できるようになりました。

これはグーグルアドセンス(Googleの提供するネット広告サービス)を利用している一部ユーザー様からのご要望があり搭載した機能です。

デキテルのアクセス解析とGoogle Analyticsについて

デキテルではすでに独自のアクセス解析機能が搭載されております。

日ごと、時間ごとのアクセス数やアクセスページ、
キーワードなどは従来のアクセス解析機能で参照できます。

さらに細かくアクセス解析を利用したいという方や、
グーグルアドセンスなど他のGoogleのサービスと連動して利用されたい方は
この新機能をご利用下さい。

■Google Analyticsのメリット

  • 無料のツール。
  • ページビュー数、ページ滞在時間や直帰率など細かいデータが参照可能。
  • コンバージョン目標を設定する事で、目標を達成したキーワードやトラフィックの種類など分析可能。
  • グーグルアドワーズなど他のGoogleのサービスとの連携が可能

■Google Analyticsのデメリット

  • 機能が豊富すぎて上級者でないと分かりづらい。
  • 仕様が変わりやすいのでネット上の情報が参考にしづらい。
  • 公式のサポートがない。

■Google Analyticsの参考サイト

デキテルでのGoogle Analyticsの設定方法

事前にGoogle Analyticsのページでデキテルのページに関する設定を行い、
トラッキングコードを取得しておきます。

(0)デキテルにログインし編集画面を開きます。

(1)ホーム画面から上部の編集パレットの「編集メニュー」をマウスで触ります。

(2)編集メニューが開きます。下からの2番目の「Google Analytics設定(上級者向け)」をクリックします。

(3)「Google Analytics設定(上級者向け/仮公開中)」が開きます。

(4)「サイトに貼り付けるコードの入力」の下のテキストエリアに取得したトラッキングコードを貼り付けます。
 コードが間違っていると公開ページが正常に表示されなくなる恐れがありますので慎重に入力内容をご確認下さい。

(5)入力に間違いがないことを確認し、左下の「登録する」ボタンをクリックして下さい。

(6)編集画面に戻ります。公開処理の後、公開ページのソースを確認し、</head> タグ直前にトラッキングコードが挿入されていることを確認して下さい。

Google Analytics機能に関する注意点

本機能はテスト的に「仮公開」とさせていただいております。

今後、この機能に関して不具合が生じた場合など
予告なく仕様変更する場合がございます。

また、Google Analyticsの使用方法は複雑な部分もあり、
仕様も頻繁にアップデートされていくため、
弊社ではGoogle Analytics自体の使用方法に関するサポートは
対象外とさせていただきます。
ご理解の程よろしくお願いいたします。

以上です。

ヘッダー部分のキャッチフレーズ変更方法


デキテルのサイトヘッダー部分の会社名の上部に表示されるキャッチフレーズは編集することができます。
御社のことを言い表す短い言葉に変更してユーザーに印象づけるものにして行きましょう。

ヘッダー部分のキャッチフレーズ(会社名の上の文字)を変更する方法

(0)デキテルにログインし編集画面を開きます。

(1)画面上部の編集パレットにある「編集メニュー」にマウスを当てます。

(2)「編集メニュー」のメニューが開きます。一番上の「内容の編集」をクリックして下さい。

(3)「内容の編集」の画面が開きます。「会社名の上の文字」に部分を変更して下さい。

(4)変更が終わったら最後に画面左下の黄色いボタン「ページを作成」をクリックします。

(5)画面が再読込され元の編集画面が開きます。ヘッダー部分を見て変更されたことを確認して下さい。

以上です。

「その他」ページの追加の方法


デキテルの基本的なページ構成は以下のようになります。

  • HOME(トップページ)
  • 1つめのメニュー(例:車検)
  • 2つめのメニュー(例:板金塗装)
  • 3つめのメニュー(例:中古車販売)
  • 会社案内
  • アクセス
  • お問合せ
  • お見積もり(車検など特定のページを選択している場合)

デキテルでは3つのメニューを選択していただき、それぞれのページを中心にサイトを作成していく仕組みになっています。

しかし、これ以外に「その他」というページを追加し、3つのメニューに当てはまらない内容を記述することができます。

「その他」ページの追加方法

(0)デキテルにログインし編集画面を開きます。

(1)画面上部の編集パレットにある「編集メニュー」にマウスを当てます。

(2)「編集メニュー」のメニューが開きます。一番上の「内容の編集」をクリックして下さい。

(3)「内容の編集」の画面が開きます。『「その他」を』の部分をクリックし「4つめのサブページとして表示する」を選択して下さい。

(4)最後に左下の黄色いボタン「ページを作成」をクリックします。

(5)編集画面に戻りページが再読込されます。「その他」ページが追加されていることを確認して下さい。

以上です。

youtubeへの動画アップの方法

デキテルにはyoutube動画を貼ることができますが、貼るための動画はご自身で撮影したものをyoutubeにアップする必要があります。今回はその方法を説明します。

用意するもの

・アップするための動画
・youtubeのアカウント

youtubeへの動画アップの方法

(1)youtubeのサイトを開きます。(http://www.youtube.com/)
ログインしていない場合はログインボタンをクリックしログイン画面に進みます。

(2)ログイン情報を入力しログインボタンをクリックします。

(3)ログインした状態から画面上にある「アップロード」をクリックします。

(4)アップロード画面が開きます。「パソコンからファイルを選択」をクリックし、アップロードする動画ファイルを選択します。動画ファイルを直接画面にドラッグ&ドロップしてアップすることもできます。

(5)動画のアップロードが始まります。待っている間に動画のタイトルや説明を入力して下さい。カテゴリーも動画にふさわしいものを選択して下さい。タグの欄も関連キーワードなど入力しておくと良いでしょう。それ以外の項目は基本的にそのままでかまいません。

(6)動画のアップロードが終わると、画面上部にURLが表示されます。クリックして下さい。

(7)アップロードした動画のページが開きます。内容を確認して問題がなければ、このページのURLをコピーしてデキテルで使用することができます。

以上です。

デキテルにyoutube動画を貼る方法はこのページで解説しています。