『Automo camera』 ナンバープレートを自動で塗りつぶしてくれるアプリ

ホームページに車の写真をアップするとき、
うっかりナンバープレートを隠すのを忘れて
そのまま掲載してしまった経験はありませんか?

『Automo camera』は、
ナンバープレートを自動で塗りつぶしてくれるカメラアプリです。

うっかりミスを防げる上に、すごく簡単に使えるので
わざわざペイントツールなどでナンバーを加工する手間も省けます。

説明1
使い方はいたって簡単、アプリを起動して撮影(画像左)すると、
アプリが画像内からナンバープレートの部分を自動で認識し始めます(画像右)。

説明1
あとは3~5秒間待つだけで、きれいに塗りつぶされました。(画像左)
さらに、塗りつぶし部分のカラーを変更したりもできます。(画像右)

説明1
まれにナンバープレートの認識に失敗したりしますが、そんな時は手動で塗りつぶし範囲を変更できたりもします。(画像左)
上手く塗りつぶせたら、アプリ上からメールやSNSで共有することが可能です。(画像右)

説明1
Automo camera
対応機種:iPhone・iPod touch (iPad互換)
価格:100円
※appstoreで購入できます

【※アプリについて】
ご紹介したアプリは他社さまが提供している製品となりますので、
弊社ではサポートなどをお受けいたしかねます。予めご了承を頂きますようお願い申し上げます。

車検料金表の「行数」を増減できるようになりました。

この度、ユーザー様からリクエストの多かった、
「車検料金表の行数をコントロールできる」機能を追加いたしました。

料金の部分の行数を1行から10行までお好みの行数に変更して利用することが可能になりました。

◆車検料金表の行数の変更方法
(1) デキテルの車検ページの車検料金表それぞれの右下に、「表の行数の増減」として「+」と「-」のボタンがあります。

説明1

(2) 増やす場合は「+」ボタンを、減らす場合は「-」ボタンをクリックしてください。
説明2

(3) 総額の欄が常に一番下に来るように固定されたまま、
そこから上の行が増えたり減ったりします。
行数は、総額欄も含めて最大10行まで増やすことができます。

説明3

※列に関しては、車検料金表の見やすさを確保するために増やせないようにしています。

操作方法については以上です。

行数を最少まで減らすことで
「車検総額のみの料金表」も作成できます。

操作方法について疑問点があればお気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-039-472
担当:奥野、嶋田

トップに戻る